ハウステンボスで体調不良!?→メディカルセンターにGO!

ハウステンボスのサービス

海外に住んでるのに、ハウステンボスが好きすぎて、年パス持ってるカステラです。
この度は、旧サイト:https://castellalikeshuistenbosch.blogspot.com/から引っ越ししたのにもかかわらず、わざわざ当サイトに遊びに来てくださってありがとうございます。

さて、ハウステンボスは、とっても素敵なところですが、夏は東南アジアよりも暑く、冬は北米よりも寒いです。夏に好き好んで東南アジアに行き、冬に好き好んで北米に行く(というか、住んでる)私ですが、ハウステンボスは、それ以上に、夏は猛烈に暑く、冬は猛烈に寒い場所という認識。

それに加えて、体調を整えて来園したつもりでも、園内は半端なく広いので、歩いているだけで体力を消耗して体調を壊しやすいんです。

何事もなく、帰宅できるのが一番ですが、もし体調が悪くなった時には、迷わずメディカルセンターに行きましょう!

初めてハウステンボスにいく方のために、ハウステンボスQ&Aをまとめました。よろしかったらどうぞ: https://castella.work/huistenbosch-q-and-a

メディカルセンターの場所&時間

メディカルセンターは、アムステルダムシティ内

ハウステンボス内メディカルセンターマップ

ドムトールン目指して運河沿いに歩くとメディカルセンターが見つかる (マップは、ハウステンボス公式サイトの場内外マップを加工したもの)

ハウステンボスのメディカルセンターは、アムステルダムシティのドムトールン側の運河沿いにあります

初めての人には、ちょっと難しい場所にあるので、気分が悪くなったり、怪我をしたりしたら、カートタクシーを呼んでしまった方がいいかもしれません。

カートタクシー

【料金】 1名様300円(4才以上)
【電話】 0956-27-0245 (受付時間 10:00~閉園)

また、重症の場合には、ハウステンボス内救急車も利用できます。カートタクシーの電話番号あるいは最寄りのお店で「気分が悪いので、メディカルセンターに行きたい」旨伝えて、救急車をよんでもらってください。

メディカルセンターが開いている時間

開園から閉園まで、ずっと開いています。
9:00-18:00は、看護師が常駐。

また、夏休みなど混雑時には、医師がいることもあります。

メディカルセンターで受けられるサービス内容・費用など

メディカルセンターの入り口

看護師がいなくても、メディカルセンター自体は開いています。ドムトールンとの位置関係が分かるでしょうか? 入り口も分かりにくいので、Google mapより検索で得られた画像を加工して貼ります。

画像はGoogle mapから得た画像をスクリーンショットして加工したもの

メディカルセンターで受けられるサービス

看護師以外のスタッフがいる場合、看護師がいる場合、医師がいる場合で違います。

随時(開園から閉園まで)

  • 横になれるベッドが2台(3台だったかも)
  • 熱中症など用に、経口補水液OS-1など
  • ガーゼ付き絆創膏等
  • 重症の場合、救急車による外部医療機関への搬送

看護師がいる場合(9:00-18:00)

上記に加え

  • 看護師による適切な看護
  • 必要に応じて、市販薬の使用(1回分)
  • 看護師による傷の手当

医師がいる場合(夏不定期、基本不在)

上記に加え

  • 医師による診察
  • 熱中症に対し、点滴などの措置

費用

ハウステンボスの散策チケット/パスポートに含まれています(つまりタダです)。

まとめ

ハウステンボスは、楽しいけれど、気象条件が過酷。

特に、夏は、ハウステンボス慣れしている人でも、体調を壊しやすくなります。さらに、子連れでプールに行く場合、親が熱中症で倒れることがけっこうあります(←一歩手前経験者)。

せっかく遊びに来て、メディカルセンターで過ごすのはあまりにも残念ですが、いざという時に慌てなくて済む様、「メディカルセンターが存在する」ことは知っておいたほうがいいでしょう。

なお、場所は初心者には分かりにくいのですが、ハウステンボスでもらえるマップにもちゃんと記載してあります。「ドムトールンが見える運河側の道にある」と、覚えておくと、見つけるのが楽ですよ。

コメント